2007年の川の手荒川まつりで作った、ストローと古ハガキを使った 「竹トンボ」ではなく「紙トンボ」です。 竹ほどは飛びませんが、室内で飛ばすのにちょうど良いです。
用意するもの   ●ハガキ(捨ててもよいもの)   ●ストロー(半分くらい)   ●はさみ   ●ホッチキス   ※手をケガしないように、大人のひとと  いっしょに作って下さい。
つくりかた1   ハガキを1.5cmくらいの幅で、たてに長く切ります。   切ったハガキを半分に折ります。  
つくりかた2   ストローの先をつぶしておきます。 ハガキの折った方に、つぶしたストローを重ねます。 ハガキとストローをホッチキスで2ケ所とめます。
ホッチキスは少し力が必要なので、
大人に手伝ってもらいましょう。
つくりかた3   ハガキのホッチキスでとめた上の部分を 左右に開くように、斜に折り曲げます。 
とばしかた   両手のひらでストローはさんで、 ストローを回転させて、はなします。 飛ばない時は、逆回転で回してみてください。