ドンボスコの祝日2009
2009/1/25 かまどでセイロの準備
スカウトもつく きねは重いぞ!
皆ガンバレ 力いーっぱい うさぎもガンバレ!
ベンチャーのお兄さんも リーダーは翌日体が痛い つきたてはおいしいよ
リーダーより:
2009/1/25はドンボスコの祝日のお祝いの日に、恒例の餅つきを行います。
毎年、父兄の方やリーダーの奮闘で昔ながらの手順で
@前日にもち米を洗いAかまどで火を起しBセイロで蒸かしC臼と杵でつくという方法をとります。
Dきな粉、アンコ、大根おろし、納豆はそれぞれ、お母さんたちの協力で作っていきます。
ガールスカウトでは、雑煮を準備して、楽しい一日を過ごします。
私個人も、毎年やっていると、だんだん手順も慣れてきて、今年はゴム手袋のおかげで手が滑らず
2,3臼で握力がなくなることはなかったです。翌日の筋肉痛も例年より少なかったかも??



トップへ
トップへ
戻る
戻る